食品機能性素材 ダイエット&メタボ対策

シャンピニオンCHAMPEXについて
シャンピニオンエキスで免疫力アップ
シャンピニオンエキスによるNK(ナチュラルキラー)細胞活性臨床試験
シャンピニオン CHAMPEX とは?
臭いと病気の関係
シャンピニオン CHAMPEX の機能
シャンピニオン CHAMPEX の概要
有効性データ
シャンピニオンエキス機能性表示食品 受理商品
キノコキトサン(キトグルカン)について

世界初!脂肪細胞の肥大抑制の映像はこちら
キノコキトサン(キトグルカン®)とは
キノコキトサン(キトグルカン®)の機能
キノコキトサン(キトグルカン®)の概要
確かなエピデンスと安全性
キトグルカン機能性表示食品 受理商品

ニュースレター
最新ニュースを掲載中

企業情報
*データの無断転載を禁止します

HOME

[資料No.9]

文献解説表

 

標題

:

キノコキトサンの体脂肪低減効果

著者

:

片海 晟吾、森 正樹、浜屋 忠生、栗原 昭一、森 治樹

掲載誌

:

食品と開発, 42(3), 75-78(2007)

要旨

:

キノコキトサンの長期摂取による体重および体脂肪量に対する影響を調べるため、健常な日本人男女45名をキノコキトサン群とコントロール群の2群に分け、二重盲検試験を実施した。

その結果、被験者が食事のエネルギー量および運動量を日常生活と同じように維持した状態でキノコキトサンを毎日300mg摂取したとき、除脂肪量に大きな影響を与えないで体脂肪を有意に低下させることが示され、キノコキトサンの摂取が肥満や生活習慣病の予防に役立つことが期待された。

目的

:

二重盲検試験により、キノコキトサンの長期摂取による体重および体脂肪量に対する影響を調べる。

具体的手法

:

•  被験者は、1週間の前観察期間後に無作為抽出によりキノコキトサン群とコントロール群に分け、試験食を摂取する方法で行った。

•  試験食について、キノコキトサン群とコントロール群の違いはキノコキトサン配合の有無のみで、官能面においては両群の区別が出来ないよう調製した。キノコキトサン群の試験食はキノコキトサン150mg配合の分包、コントロール群はキノコキトサンの代わりにデキストリンを使用した分包とし、1日2回、昼食時と夕食時に各1包sずつを8週間摂取させた。

•  試験期間中の食事のエネルギー量および運動量を試験前と同じように維持するよう指導した。

•  群間比較は0週目から8週目の値を用いた反復ANOVAおよび各測定時における対応のないt検定、群内比較は0週の値に対する各測定値を対応のあるt検定を行って有意差を判定した。

結果の要約 :

対 象

例 数

摂取量・期間

結果

健常人男女

○45名

(1)キノコキトサン群

 (男性12名、女性12名)

(2)コントロール群

 (男性10、女性11名)

 

摂取量

(1)キノコキトサン150mg配合した顆粒分包(300mg/日相当)を1日2包

(2)対照食を1日2包

 

摂取期間

8週間

体重およびBMI

コントロール群は4、8週目とも有意な差は認められなかったが、キノコキトサン群では4、8週目に有意な減少がみられた。また、試験開始からの変化量をみると、4、8週目に群間の有意な差が認められた。

体脂肪量

コントロール群は4、8週目とも有意な差は認められなかったが、キノコキトサン群では8週目に有意な減少がみられた。また、試験開始からの変化量をみると、4、8週目に群間の有意な差が認められた。

体脂肪率およびウエスト周囲径

コントロール群は4、8週目とも有意な差は認められなかったが、キノコキトサン群では8週目に有意な減少がみられた。また、試験開始からの変化量をみると、8週目に群間の有意な差が認められた。

まとめ

:

健常な日本人男女45名をキノコキトサン群とコントロール群の2群に分けて二重盲検試験を実施した結果、食事のエネルギー量および運動量を日常生活と同じように維持した状態で、キノコキトサン300mgを8週間連続して摂取することにより、除脂肪量に大きな影響を与えないで体脂肪を有意に低下させることが示された。

 


[ HOME ] [ シャンピニオンエキスについて ] [ キノコキトサンについて ] [ 企業情報 ]

株式会社リコム
〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-26-5 都民興業池袋ビル7階
TEL:03-3988-3015(代)   FAX:03-3590-0656