食品機能性素材 消臭&腸内改善

シャンピニオンCHAMPEXについて
シャンピニオン CHAMPEX とは?
臭いと病気の関係
シャンピニオン CHAMPEX の機能
シャンピニオン CHAMPEX の概要
有効性データ
キノコキトサン(キトグルカン)について

世界初!脂肪細胞の肥大抑制の映像はこちら
キノコキトサン(キトグルカン®)とは
キノコキトサン(キトグルカン®)の機能
キノコキトサン(キトグルカン®)の概要
確かなエピデンスと安全性

ニュースレター
最新ニュースを掲載中

企業情報
*データの無断転載を禁止します

HOME

[資料 No.20]

文献解説表

 

標題

:

シャンピニオンエキスの口臭成分メチルメルカプタンに対する消臭力試験(ガスクロマトグラフィー試験)

著者

:

株式会社リコム 研究室

掲載

:

社内資料

要旨

:

シャンピニオンエキスの口臭成分メチルメルカプタンに対する消臭力を調べるため、シャンピニオンエキス4ロットについて試験を行った。シャンピニオンエキス1mgを蒸留水99mLに溶解し中和した液6mLをバイアル瓶に入れゴム栓をした。バイアル瓶にメチルメルカプタンを6ppmとなるように入れ、20秒間攪拌した。攪拌直後、15分後及び30分後のガスをシリンジで1mL抜き取りガスクロマトグラフィーで測定した。その結果、測定した全てのロットで30分後にはメチルメルカプタン濃度が0ppmとなった。シャンピニオンエキスの各ロットのメチルメルカプタンに対する消臭力は問題ないと言える。

目的

:

シャンピニオンエキスのロットごとの消臭力を調べる。

具体的手法

:

シャンピニオンエキス1mgを蒸留水99mLに溶解し、中和した液6mLをバイアル瓶に入れゴム栓をする。バイアル瓶にメチルメルカプタンを6ppmとなるように入れ、20秒間攪拌する。攪拌直後、15分後及び30分後のガスをシリンジで1mL抜き取りガスクロマトグラフィーで測定する。

結果の要約 :

対  象

例 数

メチルメルカプタン初期濃度

結果

シャンピニオン

エキス

Lot.No.050204

Lot.No.050902

Lot.No.060114

Lot.No.060804

4例

6ppm

Lot.No.050204では、メチルメルカプタン初期濃度6ppmが30分後に0ppmとなった。また、Lot.No.050902、060114及び060804では15分後に0ppmとなった。

まとめ

:

測定した全てのロットで30分後にはメチルメルカプタンの濃度は0ppmとなった。シャンピニオンエキスの各ロットのメチルメルカプタンに対する消臭力は問題ないと言える。

 


[ HOME ] [ シャンピニオンエキスについて ] [ キノコキトサンについて ] [ 企業情報 ]

株式会社リコム
〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-26-5 都民興業池袋ビル7階
TEL:03-3988-3015(代)   FAX:03-3590-0656