食品機能性素材 消臭&腸内改善

シャンピニオンCHAMPEXについて
シャンピニオンエキスで免疫力アップ
シャンピニオンエキスによるNK(ナチュラルキラー)細胞活性臨床試験
シャンピニオン CHAMPEX とは?
臭いと病気の関係
シャンピニオン CHAMPEX の機能
シャンピニオン CHAMPEX の概要
有効性データ
シャンピニオンエキス機能性表示食品 受理商品
キノコキトサン(キトグルカン)について

世界初!脂肪細胞の肥大抑制の映像はこちら
キノコキトサン(キトグルカン®)とは
キノコキトサン(キトグルカン®)の機能
キノコキトサン(キトグルカン®)の概要
確かなエピデンスと安全性
キトグルカン機能性表示食品 受理商品

ニュースレター
最新ニュースを掲載中

企業情報
*データの無断転載を禁止します

HOME

[資料 No.18]

文献解説表

 

標題

:

シャンピニオンエキスの腸内環境試験結果

著者

:

谷口 治、田仲 麻里

掲載

:

社内資料

要旨

:

シャンピニオンエキスの腸内環境改善効果を検討するため、シャンピニオンエキス500mg及び1500mg摂取時の便性、糞便中のアンモニア、メルカプタン、メチルアミン及び硫化水素濃度のデータを使用して、ベースラインに対する各期間の数値を対応のあるt検定を使用して統計処理を行った。

その結果、便性では500mgの摂取で効果が有意に見られ、1500mgの摂取でより効果の有意性が大きくなった。糞便中のアンモニア、メルカプタン、メチルアミン及び硫化水素では日量500mg及び1500mgの摂取により摂取1週及び2週で有意に減少した。

目的

:

シャンピニオンエキスの腸内環境の改善効果について便性、及び糞便中のアンモニア、メルカプタン、メチルアミン、硫化水素濃度より検討する。

具体的手法

:

便性:糞便の形状変化を普通(1)、有形(2)、泥状(3)、および水様(4)のスケールで計数化したものを対応のあるt検定を使用してベースラインに対する各期間の形状変化の統計解析を行った。

糞便中アンモニア、メルカプタン、メチルアミンおよび硫化水素:

糞便中の臭気濃度をガス検知管を用いて測定し、各期間の平均濃度を対応のあるt検定を使用してベースラインに対する各期間の平均濃度の統計解析を行った。

結果の要約 :

対  象

例 数

摂取量・期間

結果

便性及び糞中アンモニア、メルカプタン、メチルアミン及び硫化水素の濃度のデータ

 

9例

シャンピニオンエキス

500mg/日:2週間

1500mg/日:2週間

便性ではシャンピニオンエキスの効果の有意性は日量500mgの摂取で1週間目から見られ、1500mgに増量することにより効果の有意性は大きくなった。糞中臭気ガス濃度では日量500mgと1500mgの摂取はベースラインと比較して有意に減少させた。また、摂取後2週目では全臭気に対して摂取の持続効果が認められた。

まとめ

:

シャンピニオンエキスの摂取は便性改善効果が有意に増加した。また、その効果は500mgより1500mgの摂取の方が大きかった。

糞便中のアンモニア、メルカプタン、メチルアミン及び硫化水素では日量500mg及び1500mgの摂取により摂取1週及び2週で有意に減少した。また、シャンピニオンエキスの持続効果は共に摂取後2週でも認められたが、1500mg摂取の方が持続効果が大きかった。

 

 


[ HOME ] [ シャンピニオンエキスについて ] [ キノコキトサンについて ] [ 企業情報 ]

株式会社リコム
〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-26-5 都民興業池袋ビル7階
TEL:03-3988-3015(代)   FAX:03-3590-0656