食品機能性素材 消臭&腸内改善

シャンピニオンCHAMPEXについて
シャンピニオン CHAMPEX とは?
臭いと病気の関係
シャンピニオン CHAMPEX の機能
シャンピニオン CHAMPEX の概要
有効性データ
キノコキトサン(キトグルカン)について

世界初!脂肪細胞の肥大抑制の映像はこちら
キノコキトサン(キトグルカン®)とは
キノコキトサン(キトグルカン®)の機能
キノコキトサン(キトグルカン®)の概要
確かなエピデンスと安全性

ニュースレター
最新ニュースを掲載中

企業情報
*データの無断転載を禁止します

HOME

[資料 No.6]

文献解説表

 

標題

:

シャンピニオンエキスの消臭効果と生体内インドール、トリプタミン生成抑制効果

著者

:

古泉巖、鈴木嘉彦、志村純子

掲載

:

日本公衆衛生雑誌 44(1)1997

要旨

:

シャンピニオンエキスの消臭効果およびインドール、トリプタミン生成抑制効果について、in vitroおよびin vivoの実験を行なった。その結果、鶏肝ホモジネートの37℃保温による腐敗進行により生成されるアンモニア性窒素量を評価基準とした臭気測定で、シャンピニオンエキス1.0ml以上の添加でその生成を抑制する効果が見られた。また、家兎に多量のトリプトファンを経口投与すると、腸内細菌の酵素で生成されたトリプタミン、インドール酢酸は吸収されて血液中に出現するが、シャンピニオンエキスは血液中のトリプトファンには影響を与えず、トリプタミン、インドール酢酸量を減少させた。

目的

:

シャンピニオンエキスの消臭効果とインドール、トリプタミン生成抑制効果について、腐敗によって発生するアンモニア性窒素および血液中のインドール酢酸、トリプタミン濃度を評価基準としたin vitroおよびin vivoの実験を行い調べた。

具体的手法

:

・鶏肝ホモジネートを37℃に保温し、腐敗を進行させアンモニア性窒素を測定し、in vitroでシャンピニオンエキス添加によるアンモニア性窒素発生抑制効果を調べた。

・家兎にトリプトファンを経口投与し、血中に検出されるインドール酢酸、トリプタミンの濃度を測定し、シャンピニオンエキスによるこれらの物質の生成抑制効果を調べた。

・食肉の腐敗により生じるアンモニア性窒素の濃度、および腸管から吸収されたトリプトファンの代謝産物であるインドール酢酸とトリプタミンの血中濃度を測定し、消臭効果の評価基準とした。

・アンモニアはネスラー法により、トリプトファン、トリプタミンおよびインドール酢酸は家兎の血清を用いて高速液体クロマトグラフィーにて分析した。

結果の要約 :

対  象

例 数

摂取量・期間

結 果

in vitro試験:

鶏肝ホモジネート

各群3枚

シャンピニオン原液を

0、0.5、1.0、2.0、4.0ml

期間:6、12、24、48、72時間

・シャンピニオンエキス1.0ml以上の添加は、24時間以後に顕著にアンモニア性窒素の生成を抑制した。

in vivo試験:

日本産白色在来種の家兎の雄

1群5頭

2群5頭

3群11頭

計:21

摂取量:

1群・対照群

2群・トリプトファン1.0g/kg

3群・トリプトファン1.0g/kg+シャンピニオン原液5ml/kg

期間:投与後1、3、6、

   9、12時間

・トリプトファン経口投与は、投与1時間から6時間まで1群と比較して、2群、3群ともに血清トリプトファン濃度の有意な増量を示した。

・1群の家兎血清中にはインドール酢酸およびトリプタミンは検出されなかった。

・2群では、時間の経過とともに血清中のインドール酢酸濃度が増加した。

・3群では、投与3時間以降、有意に血清インドール酢酸の生成を抑制した。

・1、3、6時間時の2群の家兎血清は3群に対して有意差が見られ、シャンピニオンエキスがトリプタミンの生成を抑制することを示した。

まとめ

:

鶏肝ホモジネートの腐敗により生成するアンモニア性窒素の生産量を基準としたin vitro試験で、シャンピニオンエキスは消臭効果を示した。また、家兎に多量のトリプトファンを投与し、血液中のインドール酢酸、トリプタミン濃度を測定したin vivo試験で、トリプトファンとシャンピニオンエキス併用投与により血中のインドール酢酸、トリプタミンの代謝を早めることが分かった。これらのことより、シャンピニオンエキスは動物性食品などの腐敗による悪臭発生の防止に役立つことが示唆された。


[ HOME ] [ シャンピニオンエキスについて ] [ キノコキトサンについて ] [ 企業情報 ]

株式会社リコム
〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-26-5 都民興業池袋ビル7階
TEL:03-3988-3015(代)   FAX:03-3590-0656