食品機能性素材 ダイエット&メタボ対策

シャンピニオンCHAMPEXについて
シャンピニオン CHAMPEX とは?
臭いと病気の関係
シャンピニオン CHAMPEX の機能
シャンピニオン CHAMPEX の概要
有効性データ
キノコキトサン(キトグルカン)について

蹴脂粒発売に関して

内臓脂肪減少!『蹴脂粒』の購入ページはこちら

bnr_hushicha_sfc.gif

世界初!脂肪細胞の肥大抑制の映像はこちら
キノコキトサン(キトグルカン®)とは
キノコキトサン(キトグルカン®)の機能
キノコキトサン(キトグルカン®)の概要
確かなエピデンスと安全性

ニュースレター
最新ニュースを掲載中

企業情報
*データの無断転載を禁止します

HOME


キノコキトサン(キトグルカン®)に関するエビデンス


これまで450名に及ぶヒト臨床試験を実施し、有効性と安全性が確認されています。

有効性・安全性データ

No. 分類 タイトル / 著者 掲載 発行 発行日
有効性 1 業界誌 β-グルカン複合キノコキトサンの特性と生理作用
/ 岡崎英雄
『 食品と開発 』 39(4)73-75 (2004) CMPジャパン 2004.4
2 業界誌 キトグルカンの脂質吸収抑制の影響について
/ 岡崎英雄
『 FOOD Style 21 』 9(2) 28-30 (2005) 食品化学新聞社 2005.2
3 学会誌 機能性食品素材キトグルカンの肥満防止効果
/ 片海晟吾ほか
『FOOD FUNCTION』2(1)68-73 (2006) 国際食品機能学会 2006.1
4 業界誌 女子高校生の体重、体脂肪に及ぼすキノコキトサンの影響
/ 中村泰子ほか
『 食品と開発 』 41(1)62-64 (2006) CMPジャパン 2006.1
5 業界誌 成人女性の体重および体脂肪に及ぼすキノコキトサンの影響
/ 中村泰子ほか
『 FOOD Style 21 』 10(3) 29-33 (2006) 食品化学新聞社 2006.3
6 業界誌 キノコキトサンのダイエット効果の検討 −台湾における臨床試験を含めて−
/ 岡崎英雄
『 FOOD Style 21 』 10(6) 85-90 (2006) 食品化学新聞社 2006.6
7 学会誌 女子学生の体重、体脂肪に及ぼす「キノコキトサン」摂取の効果
/ 笠木健ほか
『FOOD FUNCTION』 2(2)61-66 (2006) 国際食品機能学会 2006.10
8 業界誌 「キノコキトサン」の抗メタボリックシンドローム作用
/ 山田幸子ほか
『 FOOD Style 21 』 11(1) 56-57 (2007) 食品化学新聞社 2007.1
9 業界誌 キノコキトサンの体脂肪低減効果
/片海晟吾ほか
『 食品と開発 』 42(3)75-78 (2007) CMPジャパン 2007.3
10 学会誌 キノコキトサン摂取による内臓脂肪低減作用
/ 片海晟吾ほか
『FOOD FUNCTION』 3(2)25-32 (2007) 国際食品機能学会 2007.9
11 学会誌 ヒト試験でのキノコキトサン含有サプリメント摂取による抗メタボリックシンドローム効果
/ 堀祐輔ほか
『 応用薬理 』 73(3/4)245-253 (2007) 応用薬理研究会 2008.1
12 学会誌 エノキタケ抽出物(キトグルカン)含有茶飲料の連続摂取による内臓脂肪減少効果の検討
/ 堀祐輔ほか
『 応用薬理 』 74(5/6)121-129 (2008) 応用薬理研究会 2008.6
13 業界誌 キノコキトサンの摂取による体重および体脂肪の影響に関する用量設定試験(ブラインド試験)
/ 新貝香菜子ほか
『 食品と開発 』 43(7)74-76 (2008) CMPジャパン 2008.7
14 学会誌 エノキタケ抽出物の脂肪酸を含む成分のアドレナリンβ3受容体結合:分析化学ならびに酵素活性・受容体結合研究
/ 久保光志ほか
『 応用薬理 』 76(1/2)7-13 (2009) 応用薬理研究会 2009.3
15 学会誌 エノキタケ抽出物含有食品の連続摂取による内臓脂肪減少効果の検証
/ 堀祐輔ほか
『 応用薬理 』 76(1/2)15-24 (2009) 応用薬理研究会 2009.3
16 学会誌 エノキタケ抽出分画のβアドレナリン受容体結合活性の評価
/ 吉田徳ほか
『応用薬理』76(5/6)85-90(2009) 応用薬理研究会 2009.7
17 学会誌 エノキタケ抽出物および含有脂肪酸複合体の内臓脂肪減少作用: Tsumura-Suzuki Obese Diabetes(TSOD)マウスを用いて
/ 久保光志ほか
『応用薬理』77(3/4)101-106(2009) 応用薬理研究会 2009.10
18 学会誌 エノキタケ抽出物含有成分である複合脂肪酸のメタボリック症候群モデルマウス(TSOD)ならびに対照マウス(TSNO)における体内動態の比較
/ 吉田徳ほか
『応用薬理』78(1/2)21-26(2010) 応用薬理研究会 2010.3
19 業界誌 肥満ぎみの人に及ぼすキノコキトサンの改善効果― 250名の被験者の結果にもとづく、キノコキトサンの効果発現傾向―
/ 大森直哉ほか
『食品と開発』45(7)80−83(2010) UBMメディア 2010.7
20 業界誌 エノキタケ抽出物含有脂肪酸混合物の生物学的利用能:ラットおよびヒトでの吸収性ならびに血清中の安定性の検討
/ 齋藤博ほか
『応用薬理』79(3/4)49-54(2010) 応用薬理研究会 2010.12
21 学会誌 エノキタケ抽出物のラット初代前駆内臓脂肪細胞での脂肪蓄積抑制効果
/ 山口昭博ほか
『日本きのこ学会誌』18(4)145-148(2010) 日本きのこ学会 2010.12
安全性 1 学会誌 90日間亜慢性投与毒性試験及び遺伝毒性試験によるエノキタケ抽出物(キトグルカン)の安全性解析
/ 江口文陽ほか
『 応用薬理 』 75(1/2)25-31 (2008) 応用薬理研究会 2008.8
2 学会誌 エノキタケ抽出物(キトグルカン)含有茶飲料の健常人に対する過剰摂取による安全性の検討
/ 堀祐輔ほか
『東京医科大学雑誌』 67(1)52-59(2009) 東京医科大学医学会 2009.1
3 学会誌 エノキタケ抽出物含有食品の過剰摂取による安全性の検証
/ 堀祐輔ほか
『 応用薬理 』 76(1/2)25-31 (2009) 応用薬理研究会 2009.3

公的機関による安全性試験の結果、ラットによる急性毒性試験、マウスによる亜慢性毒性試験、変異原性試験ともに異常は認められず、安全性が証明されています。


[ HOME ] [ シャンピニオンエキスについて ] [ キノコキトサンについて ] [ 企業情報 ]

株式会社リコム
〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-26-5 都民興業池袋ビル7階
TEL:03-3988-3015(代)   FAX:03-3590-0656