メカニズム

キノコキトサンは体脂肪をどのように分解するのか?
詳細な図でそのメカニズムを解説いたします。

脂肪細胞におけるβ−アドレナリン受容体を介した脂肪分解メカニズム(想定)

【白色脂肪細胞における脂肪分解反応】

脂肪分解メカニズム(想定)図表

脂肪分解メカニズム

キノコキトサン有効成分が脂肪細胞上のβ-受容体に結合すると、Gタンパク質を介してアデニル酸シクラーゼが活性化されます。

次にATPがcyclic AMPへ変換され、cyclic AMPがプロテインキナーゼA (PKA)に結合すると、PKAがホルモン感受性リパーゼ(中性脂肪分解酵素)を活性化します。

さらに、中性脂肪はモノグリセリドと遊離脂肪酸へ分解され、遊離脂肪酸は血中へ出て、肝臓や褐色脂肪細胞へ運ばれ、燃焼されます。

お問合せ・資料請求はこちらまで

株式会社リコム