食品機能性素材 消臭&腸内改善

シャンピニオンCHAMPEXについて
シャンピニオンエキスで免疫力アップ
シャンピニオンエキスによるNK(ナチュラルキラー)細胞活性臨床試験
シャンピニオン CHAMPEX とは?
臭いと病気の関係
シャンピニオン CHAMPEX の機能
シャンピニオン CHAMPEX の概要
有効性データ
シャンピニオンエキス機能性表示食品 受理商品
キノコキトサン(キトグルカン)について

世界初!脂肪細胞の肥大抑制の映像はこちら
キノコキトサン(キトグルカン®)とは
キノコキトサン(キトグルカン®)の機能
キノコキトサン(キトグルカン®)の概要
確かなエピデンスと安全性
キトグルカン機能性表示食品 受理商品

ニュースレター
最新ニュースを掲載中

企業情報
*データの無断転載を禁止します

HOME

[資料 No.8]

文献解説表

 

標題

:

シャンピニオンエキスの腸内消臭と生理作用

著者

:

浜屋忠生

掲載

:

FOOD Style 21 1(5) 1997

要旨

:

有害物質を生成するウエルシュ菌や大腸菌などによって分解生成された腸内腐敗産物は、腸管から吸収され血液中に入り、口臭や体臭の原因となる。また、これらの物質は肝臓や腎臓障害などの原因ともなっている。したがって、腸内腐敗産物生成を抑制することは、口臭や体臭への配慮だけでなく、疾病予防や老化防止の面からも大変重要である。シャンピニオンエキスのこれら分解生成物に対する機能を調査する試験を行い、血中アンモニア減少、血中インドールとトリプタミン減少および慢性腎不全に対する効果を確認した。

目的

:

シャンピニオンエキスの腸内消臭効果とその生理作用および臨床例について紹介する。

具体的手法

:

・長期入院のお年寄りに対しシャンピニオンエキスを投与し、便臭抑制効果を調査した。

・家兎を用いて血中インドールとトリプタミンに対するシャンピニオンエキスの効果を調査した。

・食事療法を受けている慢性腎不全の患者に対するシャンピニオンエキスの腎不全進行の抑制効果を調査した。

結果の要約 :

対  象

例 数

摂取量・期間

結果

血中アンモニア減少

病院に長期入院中のお年寄り

 

男性:6名

女性:8名

計:14

30日間

・ガス検知管による便臭成分の測定では、シャンピニオンエキス投与日数の経過とともに顕著な減少傾向が示された。

・看・介護者による便臭の臭覚試験では、投与開始前は強かった便臭が明らかに弱い臭いになり負担が軽減される効果が認められた。

・血中アンモニア濃度の平均値が投与30日後には投与前より52%の減少が見られた。

血中インドールと

トリプタミン減少

日本産家兎の雄

21頭

対照区:

トリプトファン1g/kg

試験区:

トリプトファン1g/kg+シャンピニオンエキス0.5ml/kg

・血清中インドール酢酸濃度は、対照区で時間の経過とともに増加したのに対し、試験区では12時間後はインドール酢酸は全く検出されず、投与3時間以降、有意に血清インドール酢酸の生成抑制が

認められた。

・試験区では、トリプタミンは検出されず対照区に対して有意差が認められ、シャンピニオンエキスがトリプタミンの生成を抑制することが示された。

慢性腎不全進行抑制

慢性腎不全に陥り食事療法を受けている患者

3例

シャンピニオンエキス:

1g/日または

2g/日

・シャンピニオンエキスの投与によって、血清クレアチニン値の上昇抑制や改善効果が認められ、腎不全の進行が抑制されていることが示された。

まとめ

:

口臭や体臭などの不快臭、クレアチニンや窒素などの老廃物、血中アンモニア、アミン、インドール、メルカプタン、硫化水素などの化学物質は、臭気が不快感を与えるだけではなく、肝臓や腎臓障害などの引き金にもなっている。これらの血中濃度を顕著に下げ、不快臭の発生を防止する食品として摂取しながら効果のあるシャンピニオンエキスの機能は、健康的に生きていく体調づくりに貢献できるものと考えられる。


[ HOME ] [ シャンピニオンエキスについて ] [ キノコキトサンについて ] [ 企業情報 ]

株式会社リコム
〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-26-5 都民興業池袋ビル7階
TEL:03-3988-3015(代)   FAX:03-3590-0656