食品機能性素材 消臭&腸内改善

シャンピニオンCHAMPEXについて
シャンピニオンエキスで免疫力アップ
シャンピニオンエキスによるNK(ナチュラルキラー)細胞活性臨床試験
シャンピニオン CHAMPEX とは?
臭いと病気の関係
シャンピニオン CHAMPEX の機能
シャンピニオン CHAMPEX の概要
有効性データ
シャンピニオンエキス機能性表示食品 受理商品
キノコキトサン(キトグルカン)について

世界初!脂肪細胞の肥大抑制の映像はこちら
キノコキトサン(キトグルカン®)とは
キノコキトサン(キトグルカン®)の機能
キノコキトサン(キトグルカン®)の概要
確かなエピデンスと安全性
キトグルカン機能性表示食品 受理商品

ニュースレター
最新ニュースを掲載中

企業情報
*データの無断転載を禁止します

HOME

[資料 No.3]

文献解説表

 

標題

:

シャンピニオンエキス摂取による腸内フローラおよび腐敗産物の影響

著者

:

寺田厚

掲載誌

:

第21回日本食品微生物学会抄録集

要旨

:

シャンピニオンエキスをヒトに摂取させ、腸内フローラおよび腐敗産物の影響について

検討した。その結果、腸内フローラの構成と代謝活性に影響を与え、腸内環境の改善と

便の脱臭効果を示すことが明らかにされた。

目的

:

プレバイオティクスとバイオジェニクスの両作用を持っている、シャンピニオンエキス

をヒトに摂取させ、その腸内フローラおよび腐敗産物の影響について検討する。

具体的手法

:

採便したサンプルを使用し、以下の方法により測定した。また、pHおよび水分は常法

により測定した。

腸内フローラ…光岡の方法         アンモニア、硫化物…寺田らの方法

インドール、フェノール類…吉原の方法   短鎖脂肪酸…原らの方法

結果の要約 :

対  象

例 数

摂取量・期間

結果

社会福祉特別養護

老人ホームの職員

及び入所者

(40〜89歳)

 

9名

摂取量:シャンピ

ニオンエキス含有

粉末状食品を1包

(標準量)および

3包(3倍量)

 

期 間:

1包/日を2週間

3包/日を2週間

腸内フローラ

・ビフィズス菌は、標準量、3倍量共に摂取2週目には有意に増加した。

・レシチナーゼ陽性クロストリジウム、大腸菌群、ブドウ球菌は、標準量、3倍量共に摂取2週目に減少傾向を示した。

短鎖脂肪酸

・総脂肪酸量は、標準量で摂取2週目に3倍量では摂取1週目と2週目に有意に増加した。

・酢酸およびプロピオン酸は、標準量、3倍量共に摂取2週目には有意に増加した。

腐敗産物

・アンモニアは、標準量で摂取1週目と2週目に3倍量では摂取2週目に有意に減少した。

・硫化物、インドールは、標準量で摂取2週目に3倍量では摂取1週目と2週目に有意に減少した。

・フェノール、クレゾールは、標準量、3倍量共に摂取2週目に有意に減少した。

・スカトールは3倍量で摂取2週目に有意に減少した。

・pHは標準量、3倍量共に摂取2週目に有意に低下し、水分含量はほとんど変動しなかった。

まとめ

:

シャンピニオンエキスの摂取は、腸内フローラの構成と代謝活性に影響を与え、腸内環境の改善と便の脱臭効果を示すことが明らかにされた。

 


[ HOME ] [ シャンピニオンエキスについて ] [ キノコキトサンについて ] [ 企業情報 ]

株式会社リコム
〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-26-5 都民興業池袋ビル7階
TEL:03-3988-3015(代)   FAX:03-3590-0656